活動報告

支援金がどのように用いられているかをご報告いたします。

【南スーダン】マブイスクール学校給食支援

南スーダンマブイスクール001 のコピー.jpg

南スーダン共和国、西レイク州、ルンベックのマブイスクールで学ぶ445人の子どもたち(男子225 名、女子220 名)に学校給食が提供されています。現地からの最新レポートです。

給食提供により学習意欲や出席率が高まる

 2016 年の首都ジュバでの武力衝突以来、南スーダンの治安情勢は予断を許さない状態が続いていますが、比較的治安の安定している西レイク州ルンベックにあるマブイスクールでは、継続的な給食支援のおかげで子どもたちは勉強に集中することができ、中途退学することなくしっかりと学ぶことができています。月曜日から金曜日までの週5日、年間48 週に亘って、1 日1 食の給食が提供されるため、保護者は、子どもたちが1 日中お腹を空かせたままでいるという心配をしなくてよくなり、進んで学校に通わせるようになりました。特に女子生徒は、以前は中途退学させられてしまうリスクが高かったのですが、娘を学校に通わせることの意義を理解する保護者が増えて来ました。ご飯が食べられて、教育が受けられ、友だちと楽しく学び、遊ぶことができる学校は、マブイスクールの子どもたちにとってとても嬉しい場所となっています。

 学校給食に感謝しているのは生徒や保護者だけではありません。以前は空腹のため授業に集中できない子どもたちが多くて、先生たちは大変な思いをしていましたが、今では生徒たちの集中力も学習意欲も高く授業を進めやすくなっています。学校を休む子どもの数は劇的に減り、出席率はいつも高い状態を保っています。

自分たちで学校給食を担う試みも

 2022年には支援から卒業し、自分たちで学校給食を担っていくという目標に向かって、マブイスクールでは新たな試みが始まりました。生徒と教師が農業トレーニングを受け、給食に用いるための野菜を自分たちで育て始めました。保護者をはじめとする地元の大人たちの学校関連の活動への関心は高く、給食の調理をしたり、生徒たちが野菜を育てるのを手伝ったりして、引き続き積極的に活動を支えています。地域の協力教会も給食の調理ボランティアやボランティア教師を送ってくれています。

 このように、マブイスクールの学校給食は、間接的に2,500 人以上の地域の人々に何らかの形で良い影響を与えています。支援からの卒業に向けたリーダーシップを取っていくために結成された組織CHEEM は、ハンガーゼロの現地パートナーであるライフ・イン・アバンダンスからキャパシティビルディング(能力向上)のトレーニングを受けながら、その準備を進めています。

 部族間衝突や略奪など治安の不安要素は依然としてありますが、頑張っている村のリーダーや保護者たち、国の未来と自分や家族の将来のため、勉強に励んでいるマブイスクールの子どもたちの応援を引き続きお願いします。

南スーダンマブイスクール菜園.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------
■マブイスクールの支援方法
 ①ハンガーゼロサポーターになる
 ②T ポイント募金に保有しているT ポイントで協力する
TポイントJIFH項目.jpg
 ③テーブルクロスのグルメアプリ利用で協力する
 ※②③はマブイ学校指定としてハンガーゼロに募金されます
T-POINT_cmyk のコピー.jpgテーブルクロスロゴ のコピー.jpg
-----------------------------------------------------------------------------------------

活動報告一覧へ戻る

支援はこちらから

支援についてのよくある質問支援方法はこちらをご確認ください。

わたしから始める「一時募金」

1000円から任意の金額で始めて頂けます。

今回支援する

世界を変える「毎月募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

継続的に支援する