活動報告

支援金がどのように用いられているかをご報告いたします。

【創志学園高等学校】支援できる自販機設置を学校に要望

創志学園高等学校 2年 渡邊七星さん

ハンガーゼロ自販機.jpg

 授業で国連のSDGs(持続可能な開発目標)のうち「飢餓をゼロに」というテーマを学習してきました。「なぜ飢餓で苦しむ人がいるのか」を調べるうちに、飢餓の原因は単純に食べ物がないだけではなく、食べ物が十分にあっても貧困のために食料を買うことができない人がいること、また食料を作っても海外への輸出に使われてしまうことを知りました。

そこで飢餓をゼロにするために何が出来るかを考えました。そして「ハンガーゼロ支援型自動販売機」のことを知り、この自販機を私たちの学校で導入できれば、飢餓で苦しむ人々への助けになるのではと思いました。またこの自販機が置かれている限り、持続的に支援をし続けることが出来ると考えて、先生方にご協力頂き、11月にハンガーゼロ自販機を設置することができました。みんな「どうせドリンクを買うならハンガーゼロで」と言って積極的にこの自動販売機を使ってくれています。

 私はこの活動を通して、より多くの人に世界で起きている飢餓の現状を知って欲しいと思いました。また少しの行動で世界を変えることが出来ることを学んだので、これからもこうした活動を続けていきたいと思います。

活動報告一覧へ戻る

支援はこちらから

支援についてのよくある質問支援方法はこちらをご確認ください。

わたしから始める「一時募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

今回支援する

世界を変える「毎月募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

継続的に支援する