活動報告

支援金がどのように用いられているかをご報告いたします。

【ルワンダ】環境保全型農業で貧困からの 脱却に挑戦する農家の人々

RWANDA01.jpg
活動地:ルワンダ共和国東部州ガッツィボ郡ニャギハンガコミュニティ・キバレ地区

ハンガーゼロは、FHルワンダを通してルワンダの人々の農業と収入向上のための活動をしています。以下は2019年10月~12月の報告です。 FHとは国際飢餓対策機構

= 人々が置かれている状況と課題=

1日に必要なカロリーを摂取できていない人の割合が国全体で36%。そのうえ、ニャギハンガは病気の人や栄養不良の子どもが多く特に支援が必要な地域です。
 対象の小規模農家は、農業についての知識や技術、また農具の不足により十分な収量を得ることができないため、家庭での消費にも事欠き、貧困からの脱却が難しい状態にあります。

【対象者】小規模農家100戸(内10 戸はモデル農家)
(750 坪以下の土地で原始的な農業に数年以上従事)

10人の参加農家.jpg
【写真:10戸のモデル農家】

【最終目標】2021年9月までに
◦コミュニティ全体が必要な食料を確保することができるようになり、各家庭の栄養状態と収入が向上され、貧困状態が緩和する。
◦小規模農家が持続可能な農業を行うようになる。
◦地域に既にあるものを用いて土壌を改善し収量を上げ農家の生活を改善する仕組み(=Farming God's Way)を実践して継続的に生活を改善していけるようになる。

【農業及び収入向上のためのプロジェクト目標】
1. プロジェクト参加者(農家)の収量を上げる。
2. 年間を通して安定した収量をあげる。(端境期 はざかいき に飢えることがないようにする)


実施活動報告(2019年10月~12月)
①貯蓄グループのフォローアップ
 農家100 戸が5つの貯蓄グループを形成し、2018 年12 月から1 年間活動。利息を含めて清算したところ、平均で一人14,500 ルワンダフラン(約1,700 円)を受け取ることができました。メンバーはその半分を家族の健康保険(政府が推奨)の支払いに充て、残りの半分で家畜や食器を購入し、それぞれの家庭の課題解決に取り組んでいます。

②新しいキャッサバ栽培の方法についてのトレーニング
 モデル農家10 戸を対象に、以下の内容で10 月28 日にトレーニングを実施、学んだことを他の農家に伝え一緒に実践しています。
◦土壌に合うキャッサバの栽培、品種・植え付け、肥料、収穫と保管。キャッサバにつく害虫と病気。
ルワンダキャッサバ入れ替え.jpg

③従来型農業について考え環境保全型農業の重要性を知るための啓発
 以下の従来型農業の問題点について11 月26 日に啓発キャンペーンを実施。
◦土壌の構造や土性を壊す、土壌の生物量を減らす、土壌微生物を死滅させる。
◦水源を汚染する(農薬など)、土壌劣化を引き起こす、生物多様性を破壊する。 
 参加者全員が自分の土地と回りの環境を保全することを表明し、これまでに60 名が、マルチ栽培や堆肥作りなど学んだことを実践しています。

④苗木の配給
 12月19日にキャッサバ63,000 本、グレビレア2,000 本、アボカド600 本、マンゴ600 本をプロジェクト農家に配給。果物の摂取による栄養不良の改善も期待。

⑤ Farmer Field School (グループで学び実践していく農業)についてのトレーニング
 12 月17 日にモデル農家10 戸を対象にトレーニングを実施。参加したモデル農家は、学んだことを共有し来シーズンから他の農家と共に実践に移します。

⑥堆肥作りのトレーニングを実施
 モデル農家10 戸が堆肥の作り方と以下のような堆肥のメリットについて学びました。
◦土壌が肥沃になる
◦土壌温度や土壌酸性度を調節する
◦土壌の保水力を上げ、水の浸透性を高めることができる参加者が学んだことを共有し、これまでに30 ヵ所以上で堆肥作りが実践されています。
ルワンダ啓発.jpg
【写真:啓発キャンペーンで学ぶ農夫】
ルワンダ堆肥.jpg
【写真:堆肥作りトレーニング】

⑦家畜プロジェクト(昨年度)のフォローアップ
 2019 年5 月( 昨年度)に60 戸の農家に山羊、40 戸の農家に豚を配給。
 家畜の糞は堆肥作りに利用され、作物の収量を上げるのに貢献しています。これまでに山羊20 匹、豚15 匹が種付けに成功。更なる生活改善が期待されています。
ルワンダ八木.jpg

【成果】
◦栄養不良の改善や食料の確保において、対象の人々の生活状況が改善してきています。
◦ビジネスマインドの育成においても希望の兆しが見えています。

今後の活動予定(2020年1月~ 3 月)
◦アグロフォレストリーのトレーニング(モデル農家から他の農家へ)
◦新しい豆の栽培方法のトレーニング(モデル農家から他の農家へ)
◦家庭菜園作りのトレーニング(モデル農家から他の農家へ)
◦家庭菜園のための野菜の種の配給
◦豆の種の配給
◦農具の配給

活動報告一覧へ戻る

支援はこちらから

支援についてのよくある質問支援方法はこちらをご確認ください。

わたしから始める「一時募金」

9月17日~11月末の期間、世界食料デーの支援となります。

今回支援する(世界食料デー支援)

世界を変える「毎月募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

継続的に支援する