活動報告

支援金がどのように用いられているかをご報告いたします。

【支援の広場】「食べる」と「寄付」を繋げる 『tabekifu』

tabekifu01.jpg

㈱tabekifu 代表 坂入千佳
 2019年11月のiOSアプリ発表以来、小学生から大学生、社会人まで多くの反響を頂きました。ボランティアやインターンをしてみたいという方や、加盟店開拓パートナーのお申し出など、フードロスを削減しようという熱い想いを持った方々が多くいらっしゃることを実感し、嬉しく感じています。店舗掲載数はまだ30件ほどですが、これからさらに増やしていきたいと思っています。

 tabekifu(タベキフ)の特徴である社会貢献の可視化についても、現在はアプリの利用がベースですが、これからは各地で行われる食に関するイベントへの参加も進めていきます。そしてtabekifuを通して一人ひとりの"良いおこない"が可視化され、社会や人々から評価される、そんな社会を作っていきたいと考えています。

tabekifu02.jpg

■ Hunger Zero から
 このアプリでは、注文時や商品受取り後にSNS で料理画像をシェアする際、寄付先を選んで寄付できるようになっています。ご利用の際はぜひ『ハンガーゼロ』をお選び下さい。
『tabekifu』アプリ利用について

活動報告一覧へ戻る

支援はこちらから

支援についてのよくある質問支援方法はこちらをご確認ください。

わたしから始める「一時募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

今回支援する

世界を変える「毎月募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

継続的に支援する