活動報告

支援金がどのように用いられているかをご報告いたします。

フィリピン台風直撃のパラワン島現地住民の復興を支援 〜緊急募金にご協力ください〜

ハンガーゼロ(日本国際飢餓対策機構)は、昨年12月16日から17日にかけてフィリピン中部を直撃した台風22号の被災地の一つパラワン島ロハス県で現地住民(110世帯)の復興を支援します。
台風の進路のコピー.jpg

主な活動は、現地パートナーのハンズ・オブ・ラブ・フィリピン(酒井保=ハンガーゼロ駐在員)を通じて①被災家屋の補修(40棟)②現地住民の集会場の修理③復興までの生活面でのサポート(主に食料支援)など。予算は300万円。

フィリピン台風01_加工.jpg

 活動は、被災地区にあるキリスト教会のムンス・ベー牧師(ハンズ・オブ・ラブ・フィリピン理事)によって進められ、住民に家屋の補修資材(屋根や壁板、釘など)の提供を行うほか大工1名も現地に派遣します。さらに家屋の補修が終わるまでの間の2ヶ月前後の間、必要に応じて食料提供なども実施して、住民の復興までの生活面をサポートすることも検討しています。


271281198_1859040754288244_4470264817974943230_nのコピー.jpg
写真:住民の復興支援についてのミーティング中(中央にベー牧師)


 ハンズ・オブ・ラブ現地事業責任者の酒井スタッフは「新型コロナの厳しい移動制限の中で外からスタッフ緊急派遣することが困難な中、今回は被災地で住民と関係をもつ理事がいたことで復興支援の道が開かれました。活動期間は2月末を目処にしています。支援地域は、原住民が住んでいる地域で、長年教育を受ける機会を奪われてきた結果、差別されてきました。教育省の認可をうけた私立学校がようやく始まった地域でもあり,今後この地域に住む少数民族の方々の教育の中心になることが期待されています。是非ご支援をお願いいたします。」と語っています。
 
【フィリピン台風緊急募金の送金方法】
緊急募金は、郵便振替又はウエブサイトから直接クレジットカード決済が利用できます。こちらから
●郵便振替 00170-9-68590 日本国際飢餓対策機構
※記入欄に必ず「フィリピン台風」と明記
●募金目標:300万円


P02のコピー.jpg


P03のコピー.jpg


P05のコピー.jpg

活動報告一覧へ戻る

支援はこちらから

支援についてのよくある質問支援方法はこちらをご確認ください。

わたしから始める「一時募金」

12月1日~1月末の期間、クリスマス募金となります。

今回支援する(クリスマス募金)

世界を変える「毎月募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

継続的に支援する