2021世界食料デー募金使途ご報告_ケニア共和国 | 活動報告|ハンガーゼロ

活動報告

支援金がどのように用いられているかをご報告いたします。

2021世界食料デー募金使途ご報告_ケニア共和国

スクリーンショット 2022-09-27 14.29.37 のコピー.jpg


ケニア共和国 【 420万円 】

農業支援、学校給食支援


ハンガーゼロは、現地パートナーのFHケニアと協力して、メルー州、ブウリ地区で学校農園プロジェクトを実施しています。子どもが健やかに育つためには、体をつくるのに欠かせない栄養のある食事を十分に摂れることが重要です。そのためには学校給食だけでなく、家できちんとご飯が食べられることがとても大切です。気候変動の影響による農作物の収量の減少と、それに関連した学校給食の食材不足や子どもたちの学習の継続困難の課題を解決するため、前年度カイルニ小学校で実施した学校農園の取り組みを、同じ地区のンチョロイボロ小学校とマルルイ小学校の2つの学校で実施しています。設立された学校農園は、気候変動対応保全農法を学ぶ場所として、子どもの保護者をはじめとする地域住民に利用されることが期待されています。


ケニア① のコピー.jpg

ケニア② のコピー.jpg

スクリーンショット 2022-09-27 16.18.59.png

活動報告一覧へ戻る

支援はこちらから

支援についてのよくある質問支援方法はこちらをご確認ください。

わたしから始める「一時募金」

9月13日~11月末の期間、世界食料デー募金となります。

今回支援する(世界食料デー募金)

世界を変える「毎月募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

継続的に支援する