王さんがウクライナに戻り支援活動を再開 | 活動報告|ハンガーゼロ

活動報告

支援金がどのように用いられているかをご報告いたします。

王さんがウクライナに戻り支援活動を再開

ハンガーゼロのウクライナ緊急支援活動に携わり、秋の世界食料デーなどで活動報告をしていた王さん(ボランティア)が、いったん台湾に帰国したあと、再びポーランド経由でウクライナに入国。ロシアの攻撃で停電が続く中、困窮している家庭への物資支援や孤児院への訪問活動などを精力的に行なっています。

12月25日 ポーランドワルシャワのウクライナ人教会に出席。
12月26日 ウクライナのリヴィウへ移動、夜20時頃に到着。
12月27日 午前朝10時から13時まで停電。生活に困窮しているウクライナ人向けに郵便局から支援物資を送りました。

4056 のコピー.jpg

リヴィウ市内にある24人規模の孤児院を訪問し、夕食の食材と無料でヘアーカットボランティアを行いました。
またその際に日本のキリスト教会がチャリティイベントを通じて、ハンガーゼロに寄せられていた千羽鶴をお届けすることにしました。大変に喜んでいただきました。

4057 のコピー.jpg

4058 のコピー.jpg

4059 のコピー.jpg

4060 のコピー.jpg

4061 のコピー.jpg

4062 のコピー.jpg

4063 のコピー.jpg

追加情報 ウクライナに「使いすてカイロ2万枚」を送りました。こちらから


【ウクライナ緊急支援】にご協力ください】
募金は、
①郵便振替 ②ホームページからのクレジットカード決済利用の2種類

①郵便振替 00170-9-68590 一般財団法人日本国際飢餓対策機構 「ウクライナ緊急支援」と明記
②ホームページ 募金画面からクレジットカード、コンビニ決済がご利用できます。
ホームページはこちら▶︎ウクライナ緊急支援

活動報告一覧へ戻る

支援はこちらから

支援についてのよくある質問支援方法はこちらをご確認ください。

わたしから始める「一時募金」

12月1日~1月末の期間、クリスマス募金となります。

今回支援する(クリスマス募金)

世界を変える「毎月募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

継続的に支援する