門前町の公民会館で初の炊き出し(追記) | 活動報告|ハンガーゼロ

活動報告

ハンガーゼロの様々な活動の報告をいたします。

門前町の公民会館で初の炊き出し(追記)

1月16日、ハンガーゼロの緊急支援チーム第2班(申、ジェロムスタッフ)は、輪島市門前町の浦上公民館で炊き出しを行いました。

報告:能登半島地震緊急支援チーム第3班 申スタッフ

1月16日、雪が降る中を朝8時に内灘町から輪島市門前町での炊き出しのために向かいました。炊き出し場所の輪島市立浦上公民館には120名の避難者(運営ボランティアも含む)がおられます。この日のメニューは、豚汁、ご飯、焼き芋で食材はハンガーゼロが提供、調理は本郷台キリスト教会(横浜市)の炊き出しチームらで行いました。また、来られた方にハンガーゼロが用意した「パンの缶詰」も配布しました。また近隣の村でで避難所を開いておれらる村のリーダー宅にも36名分の食事をお届けしました。炊き出しは、日本、韓国、アメリカ、カナダ、メキシコ、香港など様々な国籍のボランティアが参加しとても和やかな雰囲気で行われました。

公民館に避難されている方にお話が伺う機会があり、食事をするときのお皿や箸、スプーンなどが不足していることがわかり、早速ハンガーゼロで手配させていただくことにしました。

17日は、ジェロムとともにハンガーゼロも参加している支援ネット「能登ヘルプ」が管理している七尾市の倉庫で物資の整理作業を行います。

輪島市浦上公民館での炊き出しweb.jpg

輪島市門前町浦上公民館での炊き出し2web.jpg

炊き出しは前日に北陸に入ったハンガーゼロ支援教会の本郷台キリスト教会(横浜市)炊き出しチームと協力して行っています。

本郷台炊き出しチームweb.jpg

会場にこられた方にパンの缶詰を渡すジェロムスタッフ

炊き出し会場でパン缶を配るジェロムスタッフweb.jpg

炊き出し準備中の申スタッフ

炊き出し準備中の申スタッフweb.jpg

炊き出し準備中の申スタッフ2web.jpg

門前町倒壊家屋.jpg

本格的な雪の季節に入り、家屋のさらなるダメージが心配されます

 緊急募金 受付中 
①郵便振替 
 00170-9-68590 (一財)日本国際飢餓対策機構 必ず「能登地震」と明記のこと

②ウエブサイトからの募金(クレジットカード、およびコンビニ決済)
 募金はこちらから

活動報告一覧へ戻る

支援はこちらから

支援についてのよくある質問支援方法はこちらをご確認ください。

わたしから始める「一時募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

今回支援する

世界を変える「毎月募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

継続的に支援する