能登半島地震緊急支援の第4班が出発(報告と写真更新) | 活動報告|ハンガーゼロ

活動報告

ハンガーゼロの様々な活動の報告をいたします。

能登半島地震緊急支援の第4班が出発(報告と写真更新)

本日、能登半島地震の被災者支援のために緊急支援チームの第4班が出発しました。

現地に派遣するのは、安達と藤谷スタッフの2名。安達は二度目の派遣となります。
 今回も協力企業のパン・アキモトから提供された「パンの缶詰」(保存食)を車に積んで現地で配布します。また、新たに支援企業の協力により調達した肌着や靴下などの衣料類や灯油ポリタンク、防災用トイレなども炊き出し会場(本郷台キリスト教会チーム、ハンガーゼロも運営協力)や避難所などで配布します。
 なお今週、北陸地方では大雪予報が出ているため、現地での活動予定は変更されることもあります。活動の様子が届きしだい随時お知らせいたします。

1月24日追記 報告:第4班 藤谷 誠スタッフ

雪道の中でしたが七尾市にある社会福祉施設の「七尾更生園」に無事到着。さっそく、能登ヘルプと本郷台キリスト教会の炊き出しチーム(メンバーにはウクライナ支援で現地で活動していただいた深水典幸さんもおられます)、OBJ(オペレーション・ブレッシング・ジャパン)と共に炊き出し準備や雪かきなどを行いました。

ここの入居者は40人ほどです。この日のメニューは「すき焼き風の丼」。皆さんから「暖かい食事が何より」と大変喜んていただけました。また、持参したパン缶10ケース(250食分)もお渡ししました。

七尾市では地区の半分が断水が続きまだまだ厳しい状況です。明日24日は、ハンガーゼロの支援教会で世界食料デーにも協力をしていただいている「七尾聖書教会(幼稚園を併設)」を会場に最大300人分の炊出しを能登ヘルプに参加している皆さんと協力して行います。

七尾厚生園.jpg

炊き出し食事中.jpg

炊き出しチーム.jpg

炊き出しチーム02.jpg

すき焼き丼.jpg

炊き出し準備.jpg

深水&弓削さん.jpg

深水さん(本郷台キリスト教会)と弓削さん(OBJ)

安達雪かき.jpg

パン缶ほか.jpg

翌日の仕込み.jpg

ベース拠点に戻ってからは明日の炊き出しのための準備をします(安達スタッフ)

多くの皆様から緊急募金をお寄せいただいておりますことを感謝いたします。
今後ともよろしくお願いいたします。

緊急募金の受付を開始します

①郵便振替 

 00170-9-68590 (一財)日本国際飢餓対策機構 必ず「能登地震」と明記のこと

②ウエブサイトからの募金(クレジットカード、およびコンビニ決済)

 募金はこちらから

活動報告一覧へ戻る

支援はこちらから

支援についてのよくある質問支援方法はこちらをご確認ください。

わたしから始める「一時募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

今回支援する

世界を変える「毎月募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

継続的に支援する