スタッフブログ

スタッフが業務や生活の中で通じて気づいたことや各事務所でのハンガーゼロ の取り組みを紹介します

盛大な1歳のバースデー(フィリピンにて)

「私たちの長男の1才の誕生日を一緒に祝ってほしい」
 2年前、訪問したフィリピン・ミンドロ島の村でのこと。私たちを港から村まで送り届けてくれたジープニーのドライバー、彼の息子のバースデーパーティに招いていただきました。自宅には村人全員が集っていると思えるほどの人ごみの向こうに、主人公の息子の似顔絵が掲げてありました。庭に設けられたパーティテーブルには、この村では滅多に口にできない肉料理を中心とした豪華な料理がずらりと並び人々に振る舞われて、もちろん私たちもご相伴に預かりました。しかし、家によってはこの豪華な振る舞いを借金までして行う方もいることを聴き、そこまでせずとももう少し質素な祝いができそうなものとの疑問もわいてきます。けれどもさらにお話を伺ってゆくと、実はこの豪華なバースデーパーティーには子どもに対する親御さんのなみなみならぬ思いが込められていることを知りました。
誕生日のご馳走.jpg「1才まで生きることができたら5才まで生きる確率が上がる。」私たちも子どもの誕生日は家族挙げて祝います。しかし、その意味合いがこの貧しい村では相当違うことが分かりました。フィリピンのCMR(乳幼児死亡率2013年報告)は1000人中20人。生まれても栄養失調などで命を落としてしまう。この数字はフィリピン全体の平均ですから、貧困に喘ぐ地方の村ではこの数字よりも多いことでしょう。生後1年、無事にこの子が生き抜いたことがさらにその先の命へと繋がってゆく。その喜びと感謝がこの豪華な振る舞いに現されているのです。喜びの輪の中に置かせていただいた私たちは御馳走を食べる手を止めて、生きることの重さと尊さを考えさせられました。

スタッフブログ一覧へ戻る

支援はこちらから

支援についてのよくある質問支援方法はこちらをご確認ください。

わたしから始める「一時募金」

今のお気持ちを初めの一歩とし募金に変えて、お送りください。

今回支援する

世界を変える「毎月募金」

定額をお送り頂くことで将来に向け、計画的に働きが続きます。

継続的に支援する