スタッフブログ

スタッフが業務や生活の中で通じて気づいたことや各事務所でのハンガーゼロ の取り組みを紹介します

【名古屋】世界食料デー子ども絵画コンクール「いただきま~す‼」展

 名古屋では、毎年10月に世界食料デー名古屋大会にあわせて、世界食料デー子ども絵画コンクールを開催しています。
東海地区の子どもたち(年長から小学生)が、世界の飢餓、食料廃棄などの問題を知り、タイトル「いただきま~す‼ きょうもたべものありがとう」にあわせて、日々食べられることの感謝を絵に描いていただくという企画です。
昨年は25団体の幼稚園・保育園・絵画教室、計825名の子どもたちの作品をご応募いただきました。

P1820827_加工.jpg

今回、子ども絵画展に出展してくださる名古屋YMCAのアフタースクール FUN!!の子どもたちに、愛知事務所スタッフが、世界の食べ物と日本の関わりや、世界の飢餓、食料廃棄の問題などについてお話させていただきました。

「僕たちがいろいろ国から買った食べ物をたくさん食べて、捨てちゃってるんだ~・・・」
「もったいないね・・・」
と、つぶやきながらお話を聴いてくれた子どもたち。

これからどんな世界になったらいいと思う?と問いかけると、「公平な世界!」と口々に答えてくれました。
迎えにくる保護者の方に、早速、今日学んだことを話していたそうです。

その後、絵を描きました!と名古屋YMCAの先生からメッセージをいただきました。
P1820829_加工.jpg
P1820831_加工.jpg
=====================
食べ物を輸入しているフィリピンのことを思って世界地図を二つ描いた小3女子や
「美味しくて涙が出ちゃう絵」と小3男子
カレーの絵を描きながら 各家庭のカレーの具を発表しあったりとあたたかい時間の流れる絵画の時間でした。

夕食を食べる自分を書いた小1男子は隙間が白かったので「いつも誰と食べてるの?一緒に食べてる人書いたら?」
というと「お兄ちゃんが受験でお母さんは送り迎えだから 夜はお父さんと二人~」といって二人で食べる絵を描いていました。
家族で囲む食事が当たり前でなく、また、幸せということに改めて気づかされました。
======================

一つひとつの「いただきま~す!!」の絵には、それぞれの感謝の心が描かれています。
その「感謝の気づき」が世界の人々を思いやる心をたくさん育んで、成長されることを願っています。

子どもたちの絵は、以下の日程で展示されます。
ぜひ、ふるってご来場ください。

【世界食料デー子ども絵画コンクール「いただきま~す‼」展】
展示期間:9月10日(火)~15日(日) 10時~18時(最終日のみ17時まで)
展示会場:名古屋市民ギャラリー栄(名古屋市栄・中区役所朝日生命共同ビル7階・第3展示室)

【お問合せ先】
ハンガーゼロ(日本国際飢餓対策機構)愛知事務所
TEL 052-265-7101 Email aichi@jifh.org

スタッフブログ一覧へ戻る

支援はこちらから

支援についてのよくある質問支援方法はこちらをご確認ください。

わたしから始める「一時募金」

1000円から任意の金額で始めて頂けます。

今回支援する

世界を変える「毎月募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

継続的に支援する