イベント告知

チャリティコンサートや講演会、国際協力イベント、世界食料デー大会などのご案内です。

【終了報告】第11回 世界食料デー広島大会

10月6日(日)広島市内の日本バプテスト広島キリスト教会を会場に「第11回 世界食料デー広島大会」が開催されました。

hiroshima01のコピー.jpg

 秋晴れの中、会場には200名を超える方々が来会、大盛況となりました。まず最初にハンガーゼロ田村スタッフが講演、3年連続で飢餓人口が増えている現状や、その要因として気候変動による温暖化の影響や食糧の分かち合いのできていない社会の課題、さらに身近な食品ロスの問題について、具体的な事例や数字をあげて報告がなされました。最後に、わたしから始める解決策の第一歩として1日あたりペットボトルで1本分となるチャイルドサポーター4000円/月への継続支援をお願いしました。
hiroshima02のコピー.jpg

 大きな拍手で迎えられたナイトdeライトは、アップテンポのリズムの演奏に会衆は手拍子で応えて、会場はすぐに盛り上がりました。演奏の合間にリーダーの長沢さんから、今年ウガンダを訪問した時の体験談を語りました。現地を訪れて見た貧しさの現実に目の当たりをしたこと、その経験の中で本当の豊かさとは何かを考えたことを聴衆に静かに語りました。またメンバーがサポートしているハジャラ君との待望の出会いでは、両親がいない中で彼がどのようにここまで育ってきたかなどを聞くことができたこと。そして彼と触れ合う中で、最初気ごちなかったハジャラがだんだん打ち解けてくれて僕たちに笑顔をくれるようになったと熱く語りました。「ハジャラにはお父さんはいないけれど、僕たち4人が君のお父さんだよ」そんな思いで作ったのが、ハンガーゼロ応援ソングの「青空の約束」です。ウガンダのハジャラの空と日本の僕たちの空は繋がっているんだよ、と演奏しました。

hiroshima03のコピー.jpg

 世界食料デー広島大会は、地元のキリスト教会の協力により開催されています。今回も沢山の皆様がボランティアとして会場運営をしてくださるとともに、大きな支援の輪を広げてくださいました。

hiroshima04のコピー.jpg
hiroshima05のコピー.jpg

イベント告知一覧へ戻る

支援はこちらから

支援についてのよくある質問支援方法はこちらをご確認ください。

わたしから始める「一時募金」

9月下旬~11月末の期間は世界食料デー支援金となります。

今回支援する(世界食料デー)

世界を変える「毎月募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

継続的に支援する