イベント告知

チャリティコンサートや講演会、国際協力イベント、世界食料デー大会などのご案内です。

【終了報告】第28回 世界食料デー 芦屋大会

ハレルヤ感謝いたします。芦屋福音教会の三木由美と申します。
10月6日秋晴れの中、芦屋福音教会において、もたれました芦屋大会のご報告を感動があついうちにお送りいたします。

1.jpg
さわやかな秋晴れの中、地元の高校吹奏楽部のフレッシュな演奏やクイズ大会もあり参加者約80名の祝福された大会でした。

まずはジェロームカセバさんの「世界観を変えるリーダートレーニング」について~

カセバさんは時折流ちょうな日本語のジョークも交え、コンゴ民主共和国の活動を報告してくれました。コンゴ民主共和国は金、ダイヤモンドや銅など資源豊かな国ですが戦争、内戦、政治的腐敗、政府やリーダーの問題など複雑に絡み合う事情で貧しい国となっているそうです。


2.jpg
ある一人の難民パメラさんの事例を紹介。兄弟は殺され、すべてを失い自死を考えていた彼が神様と出会い、希望を持ち始めました。さらに彼はVOC(ヴィジョンオブコミュニティ)セミナーで少しずつ心に変化が現れました。「貧しいという自己認識を捨てよ。民のために何ができるかを考え、力を神から受けよ。あなたの地域には良い土壌があり、水も雨から得られるではないか」と。こうしてパメラさんは立ち上がり地域に共同体を作り、人々を励まし、収穫を得ていきました。今ではハンガーゼロやカセバさんの働きを通し、農園事業や子どもの教育支援、孤児の食事支援など活動を拡大しているそうです。

その道のりは決して楽なものではなかったと思いますが、その様子はまさに小さな一人の「私から始めた」ことが「地域を変えた」姿でした。
カセバさんは最後に力強く語りました。「皆さんは神様からいろんな役割を与えられています。役割を果たせば必ずよい結果につながります。それができれば必ず素晴らしい世界が描かれます。」「私なんか、とか私は小さい、とか思わないで何かを始めることで何かが変わることを知ってください。」この言葉が深く心に残りました。

続いて清家理事長の「地球大家族~75億人の食卓~」について
3.jpg
富の分配の不平等の話―貧困の要因の一つに富の分配の不平等があげられますが世界の大富豪8人の写真を挙げて、この大富豪の資産で貧困層36億人を助けることができる、と。
ストリートチルドレンは1億5000万人、学校にいけない子どもは6300万人、難民は4500万人。少年兵や少女兵は30万人。飢餓で苦しむ人たちは8億2160万人、児童労働は2億5000万人。想像を絶する人々の数。これらの人々が一日も早く、平和な、満たされた生活を送れることを願ってやみません。

最貧国の一つ,南スーダンの話ーハンガーゼロが支援するマブイスクールの教師の言葉。「ここの子どもたちは戦争の中で生まれ、育ち、死んでいく。平和が何かがわからないままに。」
こんな世の中は変えられなければならないと思わされ、胸が熱くなる言葉でした。

食品ロスの話―食品廃棄があまりに多い日本社会。まだ食べられるのに。世界で生産される食品40億トンのうち、3分の1が廃棄されている。それはなんと日本の国家予算と同じ82兆円。食品ロスの意識を自分自身に、そして社会全体に浸透させる必要性を感じました。

フードマイレージの話―エビフライ一尾で、エビはアジアから小麦粉はアメリカ・カナダから...そう考えると日々私たちが食するもののフードマイレージはいったいどれだけになるのか。いかに輸入に依存しているのか。考えさせられました。

あっという間の2時間でした。貧困飢餓の状況は分かっているつもりでも、普段は深く考える機会がなく、本大会は有意義な時となりました。
2015年9月に国連総会において持続可能な開発目標(SDGs)があげられ、現在世界が一致して国際的課題に取り組んでいます。ハンガーゼロでもSDGs目標である「貧困をなくそう」「飢餓をゼロに」の項目にチャレンジし、「だれ一人残さない」ことを目標に、「最も貧しいところを最優先に支援」するべく奮闘されています。
私には何ができるのか、静まり考え、貧困の中、飢餓の中に今日も明日もおられる方々を心にとめ、パメラさんが立ち上がったように小さくても一歩を踏み出したいと思いました。

4.jpg
また、アンケートでは特に高校生から「貴重な体験だった」「貧しい方々のために働きたい」などの意見をいただき、有意義な時間でした。
大切なのは、この大会で得たものを感動・気づきで終わらせず、今から各人ができることを考え続ける、始めてみることであると深く思わされました。

イベント告知一覧へ戻る

支援はこちらから

支援についてのよくある質問支援方法はこちらをご確認ください。

わたしから始める「一時募金」

12月~翌年1月末の期間、クリスマス募金となります。

今回支援する(クリスマス募金)

世界を変える「毎月募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

継続的に支援する