イベント告知

チャリティコンサートや講演会、国際協力イベント、世界食料デー大会などのご案内です。

【第1期生 募集中】 ハンガーゼロ スクールアンバサダー

SDGs目標の第1と第2にある、世界の貧困と飢餓の現状を若い人たちに知ってもらい、ハンガーゼロのパートナーとして、共にこの課題に取り組んでいただく"スクールアンバサダー"を募集しています。


対象:中学生以上の学生
▶ 活動の事例 ◀
1. STUDY(学ぶ)  
学校でのSDGsの学びに加えて、ハンガーゼロのスタッフから活動地の現状や報告について聞く。
2. ACT(始める) 
世界の貧困と飢餓をなくすためにできることを考え、実行する。文化祭などでの発表会やイベントを企画して世界の現状を伝える。ハンガーゼロが主催する国内外のスタディツアーに参加。
3. SHARE(伝える)
ハンガーゼロ・ニュースやウェブサイトで「学んで実行したこと」を発信する。毎年秋に全国各地で行われる世界食料デー大会で研究発表をする。

※⒈〜⒊だけでなく独自の取り組みもできます。

▶ スクールアンバサダーになると ◀
① SDGsの実践として国際協力、社会貢献活動ができる。
②学生の主体的行動力が育てられる。
③プレゼンテーション力を高めることができる。
④大学入試に利用できる。(インターン、ボランティア証明の発行)
⑤ハンガーゼロの支援活動地の訪問に参加できる。


第1期生モデル校として岡山県の「創志学園高等学校」が決定!!
ハンガーゼロ自販機.jpg
【ハンガーゼロ自販機設置で持続可能な支援を】
 授業で国連の SDGs(持続可能な開発目標)のうち「飢餓をゼロに」というテーマを学習してきました。「なぜ飢餓で苦しむ人がいるのか」を調べるうちに、飢餓の原因は単純に食べ物がないだけではなく、食べ物が十分にあっても貧困のために食料を買うことができない人がいること、また食料を作っても海外への輸出に使われてしまうことを知りました。そこで飢餓をゼロにするために何が出来るかを考えました。そして「ハンガーゼロ自販機」のことを知り、先生方にも協力していただいて、自販機を設置することができました。活動を通して、より多くの人に世界で起きている飢餓の現状を知って欲しいと思いました。(創志学園高等学校 渡邉七星さん)

【お問い合わせ】 
TEL:072-920-2225 
E-mail:general@jifh.org
担当者:ハンガーゼロ 近藤まで

チラシPDFデータはこちら▼
ハンガーゼロスクールアンバサダーチラシ.pdf

イベント告知一覧へ戻る

支援はこちらから

支援についてのよくある質問支援方法はこちらをご確認ください。

わたしから始める「一時募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

今回支援する

世界を変える「毎月募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

継続的に支援する