世界の飢餓ニュース

私たちの知らないところで起きている飢餓問題の現状を知ろう。

国連総会が食品の安全性など3決議を承認

国連総会、植物の健全性、食品の安全性、豆類に焦点を当てた三つの決議を承認
2018年12月20日、ローマ

 国連食糧安全機関(FAO)と国際植物保護条約事務局は、2020年を「国際植物健全年」とする宣言を歓迎した。毎年、世界の食用作物の最大40%が害虫によって失われており、植物の健全性を担保することの重要性は、世論と政策決定者にとって非常に重要である。世界経済から見て、植物病害は年間約2,200億ドル、害虫被害は約700億ドルを計上する。

 FAOのマリア・セメド副局長は、「国際植物健全年は、食料安全保障を強化し、環境と生物多様性を保護し、経済発展を促進するための植物健全の重要性を強調するための重要なイニシアチブである」と述べた。

 FAOは、国際「豆種食(pulses)」年のキャンペーンに続き、2019年2月10日に再び、豆種食を推奨。豆種食とは、マメ科植物の乾燥種を食べることであり、11種類の豆類が勧められる。乾燥豆、乾燥そら豆、乾燥豆、ひよこ豆、牛エンドウ豆、ハト豆、レンズ豆、バンバラ豆、獣医、ルピナス、豆類などだ。これらは、健康的で栄養価が高く、タンパク質が豊富で、窒素を固定し、持続可能な作物生産に貢献するものだ。

 続く6月7日は世界食糧安全デーであり、緊密に連関する食糧システムに貢献するものとなる。国連決議が「食品の安全性なしには食糧安全保障はない」と明文化したことに満足し、賛辞を送っている。

植物の健康
 国連総会はFAOに、国際植物健全年に関連する活動を先導することを要請し、各国政府、市民社会、民間部門に対し、世界、地域、国レベルでの取り組みを呼びかけた。たとえば、フィンランドは2015年、最初に国際植物保護会議を提案し、2017年7月、FAOは、この提案を支持した。フィンランド農林大臣は『植物の健康について』において、こう述べている。「害虫や病気はパスポートを持っていないし、移民の要件を守っていない。したがって、そのような生物の蔓延を防ぐことは非常に国際的な取り組みであり、すべての国が協力しなければならない」

食品の安全性
 危険食品は、ガンの発生も含み、全世界で200種類以上の病気を引き起こしている。これは、食料安全保障と飢餓撲滅のための努力が、生産と流通の問題に限らない、広い射程を持つことを示している。毎年、食中毒患者は推定6億人を数え、特に幼児と低所得地域の人々の健康に深刻な影響を及ぼしている。国連決議はFAOと世界保健機関に、世界食品安全デーの遵守を要請している。食糧の安全性改善は、世界的に重要な喫緊の課題であるからだ。FAOは、加盟国と緊密に連携し、食品の安全性を管理する政策決定に貢献するべく、2019年にはエチオピアとスイスで、食品安全性に関する国際会議を開催する予定だ。

豆種食(Pulses)
 レンズ豆、豆、エンドウ豆、ひよこ豆などの豆類作物の良いところはいくつかある。まず食事における植物性タンパク質とアミノ酸の強力な供給源であること。次に、土壌に大気中の窒素を固定するために、貴重な生態系の保全に役立つことだ。また豆類が女性の労働者によって栽培されていることに注目し、出産可能な女性の健康に大きく貢献する高い鉄含有量に注目している。これは豆類が「男女平等」の労働環境と賃金の向上にも強力な役割を果たすことを示唆している。豆種食は、ビタミンB、マグネシウム、カリウム、リン、亜鉛の重要な供給源であり、シリアルよりも高繊維、低カロリーの食事であり、選択肢として考えられるべきである。

世界の飢餓ニュース一覧へ戻る

支援はこちらから

支援についてのよくある質問支援方法はこちらをご確認ください。

わたしから始める「一時募金」

1000円から任意の金額で始めて頂けます。

今回支援する

世界を変える「毎月募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

継続的に支援する