世界の飢餓ニュース

私たちの知らないところで起きている飢餓問題の現状を知ろう。

WHO 健康な食事 5つのヒント

世界保健機関(WHO)は、新年ダイエットのために5つの秘訣を公開した。

1.バランスある食事
2.減塩
3.特定の油分と脂質を控える
4.砂糖は控えめに
5.アルコールは百害あって一利なし

 まず「バランスある食事」のためには、多種多様なものを食べて栄養摂取しなくてはならない。これだけを食べていればよい、という食糧は存在しないからだ。また「減塩」は健康にとって重要だ。塩分過多による高血圧は心臓病、脳卒中の主要な原因となる。しかし、世界中のほとんどの人々が、WHOが推奨する一日平均5gの2倍を摂取していると言われる。
 同様に「油分・脂質」の取り過ぎには注意したい。脂質は健康な食事には欠かせないが、食べ過ぎると健康問題に直結することになる。例えば、先進国における貧困家庭の多くが、バターやラード等の加工食品によって過剰に脂質を摂取している。本来「トランス脂肪酸」を食品から摂取する必要はないが、高カロリーで低価格の食品には、これらの油分と脂質が含まれている。心臓病リスクを30%近く高めるとも言われる。
 加えて、砂糖を控えめにすることは難しいかもしれない。炭酸飲料、フルーツジュース、清涼飲料、スポーツドリンクなど、液体か粉末かを問わず、多くの飲食物に砂糖が過剰に入っている。しかし、これは誰の健康にとっても、よくない。特に二歳未満の幼児には、これら甘い飲み物や食べ物は禁物である。塩と砂糖は、2歳未満の幼児にとっては、限定的で補完的な食品であり、制限しなくてはならない。
 最後に、アルコールを止めること。アルコールは「健康的な食事」の一部ではない。しかし、多くの文化において、新年の祝いにアルコールが大量に消費される。言うまでもなく飲み過ぎれば、前後不覚による怪我のリスクが高まり、肝臓障害、癌、心臓病、精神疾患などの長期的な影響を引き起こす。WHOは、安全にアルコール消費できることはない、と助言している。
 健康で栄養価の高い、適切な量の食事こそ「食の安全保障」の基本だ。「貧困と飢餓」の撲滅は、人類全体に「食の安全保障」が行き届くことを意味している。今夜のビール1杯をやめて、その支払いを「貧困と飢餓」対策のために募金してみることは、それぞれの健康にとって良い影響を及ぼすだろう。

世界の飢餓ニュース一覧へ戻る

支援はこちらから

支援についてのよくある質問支援方法はこちらをご確認ください。

わたしから始める「一時募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

今回支援する

世界を変える「毎月募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

継続的に支援する