世界の飢餓ニュース

私たちの知らないところで起きている飢餓問題の現状を知ろう。

南スーダン、人口の半数が深刻な食糧不安に

 南スーダンにおける食糧危機の深刻化が懸念されている。収穫減産期である5月から7月にかけて、人口の半数にあたる約650万人が、さらに厳しい「飢餓」状態に向かう可能性がある。

 国連食糧農業機関(FAO)、国連児童基金(UNICEF)、世界食糧計画(WFP)と南スーダン政府は、総合食糧安全保障フェーズ分類(IPC)報告において、2019年6月以降、著しい洪水被害のあった地域の食糧難リスクを警告。

 特に昨年2月から4月にかけて豪雨による大きな被害のあったアコボ郡、アヨード郡、ドゥク郡に住む約2万人が、最大レベルの急性食料不安(IPC5:壊滅的結果)に苦しむ可能性があり、緊急かつ持続的な人道支援の必要がある。

 そのほかの地域においても、7月にかけて170万人以上が「緊急」急性食糧不安(IPC4)に直面するとみられる。合計33の地方自治体がIPC4へと悪化し、2020年1月の15自治体から2倍を超える。1月時点で、約530万人の南スーダン人は、すでに一人分の食糧確保にも苦労していると見られ、IPC3の危機的状態にあった。ここに、サバクトビバッタ被害が重なっているので、事態は急を要する。

 この状態が続けば、2020年内に130万人の子どもが急性栄養失調に苦しむと推定される。前年比で、すでに子どもの急性栄養失調率は、スーダン全体で11.7から12.6%に微増を示している。しかし、洪水の被害地域においては19.5から23.8%、14から16.4%へと増加の一途をたどる。洪水による汚水の氾濫、衛生環境の悪化によるマラリアの急増が、これら高い栄養失調率の要因となっている。

 各種機関の長期的支援によって、今までに重度の急性栄養失調に苦しむ子どもたちの92%が回復してきた。しかし「そもそも栄養失調にならないために、十分で安全な適切な食事、水、衛生、保健福祉が提供されなくてはならない。これらは基本的人権であり、栄養失調を防ぐためのカギなのだ」とUNICEF代表モハメド・アグ・アヨヤ氏は語っている。

世界の飢餓ニュース一覧へ戻る

支援はこちらから

支援についてのよくある質問支援方法はこちらをご確認ください。

わたしから始める「一時募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

今回支援する

世界を変える「毎月募金」

毎月1000円から任意の金額で始めて頂けます。

継続的に支援する